なたまめ茶の作り方

なたまめ茶の効能ランキング

なたまめ茶は、現在ティーバックタイプのものが主流となっており、非常に手軽に淹れることができます。

なたまめ茶TOP > 作り方

なたまめ茶をおいしく続けよう

なたまめ茶は、蓄膿症の改善にはじまり、花粉症予防、肥満予防、腎機能の改善など、実にさまざまな効能を持っています。

ただ、なたまめ茶はあくまで健康食品なので、即効性はありません。1日数杯ずつ、継続して飲み続けることが確かな効果へとつながります

毎日飲み続けるとなれば、気になるのは味や香り。いくら健康や美容に良いものと言っても、おいしくないものはなかなか続けることはできません。

その点、なたまめ茶は、香ばしくまろやかな味わいが特徴で、クセのあるお茶が苦手という方にもおすすめの健康茶です。

特に市販されているなたまめ茶の中には、飲みやすさのために他のお茶とブレンドしたり、焙煎加減を調整するなど、飲みやすい工夫がこらされています。

なたまめ茶の作り方

なたまめ茶は現在、いろいろなメーカーから茶葉タイプのものやティーバックタイプのものが市販されています。

特にティーバックタイプのものは非常に便利で、カップに入れてお湯を注いだり、やかんで煮出すだけで簡単になたまめ茶を飲むことができます。

一般的な作り方としては、やかんに1リットルの水を入れ、ティーバック1袋(約3g)を投入します。

あとは弱火で10分ほど煮出せば完成です。そのまま温かくして飲むのもいいですし、冷蔵庫で冷たく冷やしてアイスで飲んでも良いでしょう。

急須やカップで淹れる場合も同様で、なたまめ茶の成分をじっくり煮出すようにして作ると、よりなたまめ茶の健康成分を引き出すことができます。

なたまめ茶は自作できる?

なたまめはお茶として加工されているだけでなく、素材そのものも販売されています。

なら自作もできるのでは? と思いたいところですが、なたまめにはサポニンやコンカナバリンAなど、やや毒性を持った成分も含まれています

市販のなたまめ茶は、あらかじめメーカーが洗浄したり焙煎したりと下処理を行っているので、毒素が抜けて安全に飲むことができますが、素人が予備知識なしになたまめ茶を作ると、完全に毒素を除去できない場合があります。

そのため、なたまめ茶を安全においしく飲もうと思ったら、やはりメーカーが作った市販のなたまめ茶を飲んだ方が手軽で安心と言えるでしょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) なたまめ茶の効能ランキング All Rights Reserved.