なたまめ茶の副作用

なたまめ茶の効能ランキング

なたまめ茶は蓄膿症や肥満に有効な健康茶ですが、きちんと処理されていないものには毒性がある場合があります。

なたまめ茶TOP > 副作用

なたまめ茶に副作用はあるの?

なたまめ茶は古くから薬効のある健康茶として親しまれていますが、副作用のリスクなどはないのでしょうか?

なたまめと一言にいってもいろいろあり、タカナタマメ、タチナタマメ、アカナタマメ、シロナタマメなど、いくつかの種類にわかれています。

このうち、食用として用いられているのはシロナタマメという品種で、さやを調理し、おひたしや炒めもの、漬け物として食べられています。

また、アカナタマメの豆には薬効があり、こちらは健康茶や健康食品として使用したりします

一方、タカナタマメやタチナタマメには毒が多く、特に種子にレーザーで文字を彫ったメッセージ缶に使われているものは、食用に適さない品種が使用されているので、食べることはできません。

なたまめに含まれる毒素

薬効として用いられるアカナタマメには、サポニンという配糖体やコンカナバリンA、カナバリンなどのアミノ酸が含まれています。

これらの成分はそれぞれ、なたまめの持つ排膿効果や代謝促進作用などに関係していますが、一方で有毒性成分としても知られています。

毒性は微々たるものですが、毎日長期間摂取していると、体内に毒素がたまる危険性はゼロとは言えません。

ただ、なたまめの毒性については、各々のメーカーがしっかり洗浄した上、焙煎などの加熱処理を行っているので、副作用の心配はほとんどないと言えるでしょう。

なたまめ茶の品質に注意

きちんと処理してあるなたまめ茶は毒素が抜けているので安全ですが、逆に言うと、処理を怠ったなたまめ茶には有毒性があると言うことです。

よって、なたまめ茶を選ぶ際は、何よりもまず安全性を考慮する必要があります。

市販されているなたまめ茶は、大半がきちんと下処理されているものばかりですが、中には、解毒処理を行っていない粗悪品も少数ですが見受けられます。

公式サイトやパッケージを見て、安全性に不安を感じた場合は、いくら安くても購入しない方が無難と言えるでしょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) なたまめ茶の効能ランキング All Rights Reserved.