蓄膿症の改善効果

なたまめ茶の効能ランキング

なたまめ茶には、不快な鼻づまりや頭痛を引き起こす蓄膿症を改善する効果があります。

なたまめ茶TOP > 蓄膿症

日本人の8割が蓄膿症の予備軍

蓄膿症とは、慢性の副鼻腔炎の俗称で、副鼻腔にがたまる鼻炎症状を指します。

急性やアレルギー性副鼻腔炎が長引くと起こる症状で、鼻汁や鼻づまり、鼻腔周辺の痛みなどが主な症状として挙げられます。

また、上記の症状の影響で、頭に鈍い痛みを併発する場合があるほか、においがわかりづらくなるという弊害も慢性的に起こりやすくなります。

日本では、なんと約80%の方が蓄膿症予備軍と言われており、毎年1000万人以上の方が蓄膿症を発症していると言われています。

なたまめ茶で蓄膿症を改善

なたまめ茶にはさまざまな効果がありますが、中でも世間に広く知れ渡っているのが蓄膿症の改善効果です。

なたまめ茶にはカナバニンと呼ばれるアミノ酸の一種が含まれており、体内に蓄積した膿を排出し、蓄膿症の症状を改善する効果を持つことが明らかとなっています。

ちなみに、なたまめ茶の排膿効果は蓄膿症だけにとどまらず、歯槽膿漏や歯周病、痔などの改善にも効果的です。

実際、なたまめ茶を愛飲している方からは、鼻の爽快感や口のネバネバ感の減少など、膿に関連した諸症状が緩和されたという声が上がっています。

口臭予防にも有効

歯周病や歯槽膿漏など、口腔内に膿がたまる疾患を患うと、口臭がきつくなります。

蓄膿症の場合は、鼻の奥で時々嫌なにおいを感じるため、自分でも自覚症状がありますが、口臭は自分ではなかなか気づきにくいところが難点です。

しかし、なたまめ茶を飲めば、口臭のもととなる膿が排出されるため、不快なにおいをまき散らすこともなくなります。

もちろん、歯周病や蓄膿症も改善されるので、一石二鳥。口臭が気になる方はなたまめ茶を試してみることをおすすめします。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) なたまめ茶の効能ランキング All Rights Reserved.