腎臓病への効果

なたまめ茶の効能ランキング

なたまめ茶には、腎臓病の改善に有効なウレアーゼやコンカナバリンAなどの成分が含まれています。

なたまめ茶TOP > 腎臓病

腎機能の低下は生活習慣病のリスクにも

腎臓は、血液中の老廃物をろ過し、きれいにするフィルターのような役割を果たしている器官です。

ろ過された水分は、約1%が尿として排泄され、残り99%は体内で再吸収される仕組みになっています。

腎臓の働きにより、体内の水分量は常に一定に保たれているわけですが、腎機能の働きが衰えると、この一連の作業が滞り、体内に老廃物や塩分がたまりやすくなります。

すると、むくみが起こったり、高血圧や高脂血症、痛風、糖尿病などの合併症を引き起こす原因となります。

特に高血圧・高脂血症はメタボリックシンドロームの原因となるため、やがては動脈硬化など、生活習慣病を誘発する症状につながる可能性があります。

なたまめ茶で腎臓病を改善

なたまめ茶には、腎機能を強化し、腎臓病を改善するさまざまな成分が含まれています

そのひとつが、ウレアーゼと呼ばれる酵素です。ウレアーゼには、体内に蓄積すると毒素となる尿素を、アンモニアと二酸化炭素に加水分解する作用を持っています。

もともと、アンモニアと二酸化炭素に加水分解する作業は腎臓の仕事ですが、ウレアーゼの手助けにより、腎臓の働きを強化することができるのです。

また、なたまめ茶に含まれるコンカナバリンAと呼ばれるタンパク質が、抗炎症作用によって腎臓の炎症を抑え、その機能を強化させる働きがあることが知られています。

ミネラルによる利尿作用も

なたまめ茶は、腎機能低下によるむくみの改善にも効果的です。

なたまめ茶にはさまざまなミネラル分が含まれていますが、このうちのカリウムには、余分な塩分(ナトリウム)を排出し、むくみを取る働きがあることが知られています。

特にミネラルは現代人の偏った食生活で不足しがちな栄養分のひとつなので、塩分の高い食事を摂っている方や、顔や手足のむくみが気になる方は、なたまめ茶の飲用をおすすめします。

ただし、腎臓病で透析を受けている方は、カリウムを過剰に摂取すると高カリウム血症を起こす可能性もあります。

そのため、医師からカリウムの摂取制限を通達されている方は、なたまめ茶を飲用する前に、必ず医師の診断を仰ぐようにしましょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) なたまめ茶の効能ランキング All Rights Reserved.